2019年7月22日(月)

合意の文化なき英国議会 上久保誠人氏
立命館大学教授(政治学)

私見卓見
2019/6/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

英国が欧州連合(EU)離脱を巡って混乱している。メイ首相がEUとの間で定めた離脱協定案は、英議会で3度も否決された。離脱は10月末まで延期となり、首相はついに辞職に追い込まれた。この混乱の根っこには、議員同士が自説を曲げてでも合意を形成しようとする「妥協の文化」が英議会にない、という問題がある。

日常の英下院議会では、妥協は必要ない。小選挙区制のもと与党が過半数を占めるため、政府提出の法案が基本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。