ぶれない動画に需要 ビデオ女子「ジンバル」のとりこ

価格は語る
(1/2ページ)
2019/6/20 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ドローン最大手のDJIが2018年12月に発売した超小型ビデオカメラが話題だ。最大の特徴はカメラに「ジンバル」と呼ばれる手ぶれ装置を搭載した点。価格は4万4900円と高額ながら、発売前から予約が殺到。発売後は2カ月近く欠品が続いた。スマートフォンのカメラが高機能化するなかで、いまなぜ話題を集めたのか。背景を探ると、自らビデオ撮影する「ビデオ女子」の存在と動画の新潮流があった。

■「ジンバル」で一気

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]