/

この記事は会員限定です

JICA、イラク製油所に1100億円支援

[有料会員限定]

国際協力機構(JICA)は16日、イラク政府と、同国南部バスラでの製油所改良事業を対象とした1100億円の円借款契約を締結した。今後数年で段階的に拠出する。総事業費は約4千億円の案件で、すでに2008年と12年に計445億円の円借款の契約を結んでいる。最終的には事業費の大半が日本の有償資金協力で賄われる見込みだ。

バスラ製油所はイラクで最大規模の石油製品の生産能力を誇る。今回の事業では生産性を高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り482文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン