JDI支援、台中連合の1社撤退 再建不透明に

2019/6/17 7:57 (2019/6/17 11:04更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は17日、同社への金融支援を予定していた台中3社連合のうち、台湾タッチパネル大手の宸鴻光電科技(TPK)から交渉離脱の通知を受けたと発表した。台湾金融の富邦グループからは支援の可否について14日の期限内に通知がなかったという。同社が離脱する可能性も高まっている。

JDI支援は台湾2社のほか、中国ファンドの嘉実基金管理グループによる枠組みで進んでいた。最大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]