2019年7月20日(土)
速報 > おくやみ > 記事

薩摩焼窯元、十四代沈寿官さんが死去 92歳
日韓交流にも尽力

九州・沖縄
2019/6/16 23:47
保存
共有
印刷
その他

薩摩焼の窯元で、陶芸を通じた日韓文化交流にも貢献した十四代沈寿官(ちん・じゅかん、本名=大迫恵吉=おおさこ・けいきち)さんが6月16日、死去した。92歳だった。

死去した十四代沈寿官氏

豊臣秀吉の朝鮮出兵で薩摩に連れてこられた陶工の末裔(まつえい)。1964年に十四代を襲名し、伝統的な技法を生かした白薩摩や黒薩摩の作品などを幅広く手掛けた。日韓文化交流にも尽力し、89年には日本で初の韓国名誉総領事に就任した。陶工の歴史を描いた司馬遼太郎の小説「故郷忘じがたく候」のモデルとしても知られた。

99年に長男の一輝さんが十五代を襲名した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。