2019年7月18日(木)

サッカー

イニエスタ決勝ゴール 6試合ぶり先発でひと仕事

2019/6/15 23:30
保存
共有
印刷
その他

FC東京自慢のブロックが切り崩されたわけではなかった。ただ、神戸に押し込まれて防御壁が下がり過ぎた後半冒頭、左右に揺さぶられた後に球がこぼれたのは壁の外といえたが、こぼれた先にいた相手が悪かった。

【15日のJ1 結果と戦評】

後半、先制ゴールを決めるイニエスタ

後半、先制ゴールを決めるイニエスタ

味方がいる先ならピッチ内のどこへでもボールを通せそうなイニエスタだから、至近距離でないとはいえノンプレッシャーで打たせれば、ゴールへボールを「パス」するのは造作もないことかもしれない。「チームが勝利を必要としているときに、首位チームに勝つことの重要さは分かっていた」。不振のチームを引き受けたフィンク新監督の初陣に白星をもたらしたゴールを喜んだ。

そのドイツ人監督はイニエスタを「あえて低めのポジション、前向きで組み立てを手伝えるところに配置した」と語る。心地よさそうに、ノビノビと神戸の攻撃に血を通わせた。相手がぴたりと寄せてきても、足のどこかにあてつつボールを逃がし続けるといった風情。

先発は6試合ぶり、予定に反して91分までプレーした。留守の間は「万全でない状態で(出場して)悪化させ、(自分が)やるせなかった」という。いつもは出てこなくても、出ればやはり何らかの違いをもたらせる。

(岸名章友)

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

スペイン1部リーグのバルセロナに移籍し、記者会見でポーズを取る安部裕葵(17日、バルセロナ)=共同

 【バルセロナ=共同】サッカーの日本代表FWでJ1鹿島からスペイン1部リーグの強豪バルセロナに移籍加入した安部裕葵(20)は17日、バルセロナ郊外のクラブハウスで記者会見し、2部B(3部相当)のチーム …続き (8:59)

サッカーW杯カタール大会アジア2次予選の組み合せが決まり、取材に応じる日本代表の森保監督(17日、東京都文京区)=共同

 サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選の組み合わせ抽選が17日、クアラルンプールで行われ、7大会連続の本大会出場を目指す日本はキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴ …続き (17日 21:00)

今野泰幸=共同

 J1磐田は17日、J1のG大阪から元日本代表MF今野泰幸(36)を獲得したと発表した。大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田で取材に応じた今野は「プロ生活を最低45歳まで続けたいという思いがある。 …続き (17日 18:51)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。