マララさん「女子教育で世界経済30兆ドル増」
G20に訴え 10億人の職業技能向上必要

2019/6/15 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが日本経済新聞に寄稿し、女子教育の重要性を訴えた。寄稿は経団連顧問の吉田晴乃W20ジャパン共同代表とゴールドマン・サックス証券のキャシー・松井副会長との共同。日本語訳は以下の通り。

企業を設立し、行政に携わる女性がいる。ワクチンを研究したり、機械を製造したりする女性もいる。しかし能力を最大限に発揮しているのは、世界でほんの一部の女性だけだ。より多くの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]