2019年7月21日(日)

老後「2000万円不足」問題、平均値が独り歩き
世論調査、年収・地域で差大きく

経済
2019/6/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融庁が老後の金融資産に2000万円必要との試算を示した報告書は、国民の不安をあおったとして事実上の撤回に追い込まれた。家計調査にある無職の高齢者夫婦世帯の平均月間収支差である5.5万円を30年間かけるという単純計算だ。所得や貯蓄は個人間の差が大きく、収支の平均値だけでは実態をとらえられない。結果的に乱暴な試算が独り歩きした。

試算の根拠になった総務省の家計調査は約9千世帯を対象に家計の収支や貯…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。