/

東海以北は大雨に警戒を 突風や落雷にも注意

気象庁は15日、発達した低気圧の影響で北日本(北海道、東北)と東日本(関東甲信、北陸、東海)は16日にかけて大雨になる所があるとして土砂災害や浸水に警戒するよう呼び掛けた。全国的に風も強まる。竜巻などの突風や落雷にも注意が必要だ。

気象庁によると、近畿地方にあった低気圧が北東に進み、16日は日本海、17日朝には千島近海に達する見通し。低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になる。

15日は西日本を中心に風雨が強まり、高知県田野町で1時間に58.5ミリの非常に激しい雨を観測。和歌山市や静岡県南伊豆町で瞬間風速20メートル超の強い風を記録した。

16日夕までの24時間予想雨量は北海道と東北、北陸の多い所で120ミリ、近畿100ミリ、東海90ミリ、関東甲信80ミリ。16日にかけて予想される最大瞬間風速は北陸35メートル、北海道と東北、伊豆諸島、関東、近畿、四国30メートル。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン