/

この記事は会員限定です

[社説]ゲーム障害対策は日本主導で

[有料会員限定]

世界保健機関(WHO)がオンラインゲームなどのやり過ぎで日常生活が難しくなる「ゲーム障害」を依存症として認定した。ゲームは身近な娯楽として定着する一方、弊害への懸念が強まっていた。世界有数のゲーム市場である日本でも国や医療機関、企業が対策を急ぐ必要がある。

WHOは病気やけがの国際的なリストである「国際疾病分類」にゲーム障害を加える。「ゲームの時間や頻度を制御できない」など3つの基準を示し、こうし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り582文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン