[社説]ゲーム障害対策は日本主導で

2019/6/15 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界保健機関(WHO)がオンラインゲームなどのやり過ぎで日常生活が難しくなる「ゲーム障害」を依存症として認定した。ゲームは身近な娯楽として定着する一方、弊害への懸念が強まっていた。世界有数のゲーム市場である日本でも国や医療機関、企業が対策を急ぐ必要がある。

WHOは病気やけがの国際的なリストである「国際疾病分類」にゲーム障害を加える。「ゲームの時間や頻度を制御できない」など3つの基準を示し、こう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]