/

SNS自殺相談2万件超 8割超が若者、ほぼ女性

厚生労働省が自殺対策として実施している会員制交流サイト(SNS)の相談事業で、2018年度の相談件数が延べ2万2725件に上ったことが15日、分かった。同省がまとめ、近く閣議決定される19年版自殺対策白書に盛り込まれる。

相談者は、未成年の44%が最多で、20代の41%が続いた。性別では、女性が92%で、男性の8%を大きく上回った。相談を寄せたSNSは、LINE(ライン)が1万9412件と8割を超え、チャット3108件、その他205件が続いた。

1件の相談でも内容が複数にわたるものがあるため、相談内容は計3万5104件に上った。内訳は「メンタル不調」が8282件(24%)、「自殺念慮」が7012件(20%)、「家族」3879件(11%)、「学校」2993件(9%)、「勤務」2214件(6%)の順番だった。

文部科学省が昨年4~12月に30自治体の児童生徒を対象に実施したSNS相談事業には1万1039件が寄せられ、「友人関係」が22%、「学業・進路」と「いじめ問題」がそれぞれ10%、「心身の健康・保健」が8%となった。

18年の自殺者は前年より481人減の2万840人で、9年連続で減少した。1981年以来の2万1千人割れとなったが、未成年者は98年以降、おおむね横ばいが続いている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン