/

「いきなり!ステーキ」米ナスダック上場廃止を申請

ペッパーフード、米事業不振で

ペッパーフードの米国事業は苦戦が続いていた(2月、ニューヨーク)

【ニューヨーク=河内真帆】ステーキ店「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスは14日、米ナスダック取引所に上場廃止を申請したと発表した。同社は2018年9月に日本外食チェーンとして初めて同取引所に米国預託証券(ADR)を上場したばかりだった。米国事業の苦戦と取引高の伸び悩みから、上場を続ける経済合理性が低下したと判断した。

同社は17年2月にステーキの本場の米国に参入し、ニューヨーク市内に海外1号店を開店した。20ドル(約2200円)前後という安さと手軽さを前面に押し出し、一時は11店舗まで拡大したが、米国の消費者をつかみきれなかった。

同社は「立ち食い」式をやめてテーブルを置くなど試行錯誤したものの客足は回復せず、今年2月に7店舗を閉鎖した。店舗の一部は業態転換する。

ペッパーフードサービスの2018年12月期連結決算は米国事業の不振から約25億円の損失を計上したのが響き、8年ぶりの最終赤字に転落した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン