2019年7月17日(水)

都内自治体、防災備蓄食料を期限切れ前に提供
食品ロス対策、19年度中にも導入

経済
東京
2019/6/15 10:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都は都内の区市町村と連携し、防災用の備蓄食品を非営利団体やNPOなどに提供する仕組みを導入する。備蓄食料の賞味期限などをデータベース化し、2019年度中にも始める予定だ。都が毎年更新する非常食は年間約150万食に上る。5月に成立した食品ロス削減推進法を踏まえて、備蓄食料でも食品ロス削減に取り組む。

賞味期限が近づいたものの期限は切れていない乾パンやアルファ米などを提供する。経済的に困窮する人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。