/

この記事は会員限定です

英裁判所、来年2月にアサンジ被告の米引き渡しを審理

ウィキリークス創設者

[有料会員限定]

【ロンドン=佐竹実】英国の治安裁判所は14日、内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ被告の身柄を米国に引き渡すかどうかの審理を2020年2月に行うことを決めた。ロイター通信が報じた。ロンドンで収監されているアサンジ被告は同日、裁判所との中継で「ハッキングはしていない」と述べ、米国で起訴されている事案を否定した。

米司法省は米政府のコンピューターに侵入した罪や、イラクやアフガニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り376文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン