/

この記事は会員限定です

東京五輪、ノベルティーの偽造横行か 警察が警戒

[有料会員限定]

2020年東京五輪・パラリンピックまで1年余りになる中、偽グッズの販売を巡る事件が増えている。目立つのは大会のスポンサー企業が広報用に配るノベルティー(記念品)が偽造されるケースだ。ノベルティーは公式グッズのように製造番号を付けるなどの偽造防止対策を施すことが少なく、標的にされている恐れがある。

五輪関連グッズの需要は1千億円規模ともいわれ、警察は不正販売への警戒を強めている。

警視庁は6月、東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン