シャープ戴社長 「国内拠点、集約進める」

2019/6/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シャープの戴正呉会長兼社長は14日、日本経済新聞のインタビューに応じ、構造改革の進捗について「完了したとは全然思わない。工場だけでなく、開発拠点もより集約していく」と述べ、国内拠点の集約をさらに進める考えを明らかにした。技術や人材不足を補うためのM&A(合併・買収)も進める。主なやりとりは以下の通り。

■開発体制の効率化目指す

――2018年8月には白物家電の国内生産撤退を発表するなど構造改革を進…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]