シャープ、TV用パネル再挑戦へ 堺工場の子会社化検討
戴会長「8K戦略の貴重な資産」

2019/6/15 2:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シャープの戴正呉会長兼社長が14日、日本経済新聞の取材に応じ、堺市の液晶パネル工場運営会社の子会社化を検討すると明らかにした。既存工場はスマートフォンなどに使う中小型パネルが主体で、子会社化はテレビ用大型パネル工場への再挑戦となる。戴氏は経営危機にあるジャパンディスプレイ(JDI)の支援も「要請があれば検討する」とした。

【関連記事】シャープ戴社長 「国内拠点、集約進める」

堺工場はシャープが20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]