/

この記事は会員限定です

中ロ、反保護主義で一致 上海協力機構が共同宣言

G20視野に米けん制

[有料会員限定]

【ビシケク=小川知世】中国とロシアが主導する上海協力機構(SCO)の首脳会議は14日、「保護主義に対抗する」との共同宣言を採択した。米国が離脱したイラン核合意の維持でも一致した。それぞれ米国と対立する中ロは6月下旬の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)もにらんで米国をけん制し、対米交渉を優位に進める思惑と見られる。

首脳会議はキルギスの首都ビシケクで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り435文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン