/

この記事は会員限定です

米国のアジア系移民急増 今世紀半ば、最大勢力も

アジアが超える データ編

[有料会員限定]

米調査機関ピュー・リサーチ・センターによると、アジア系米国人の数は2015年までの15年間に72%増え、約2040万人になった。

移民全体に占める比率は半世紀前の1965年には5%に過ぎなかったが、2015年に26%まで高まった。55年には36%に達し、ヒスパニック(34%)を抜いて最大になると予測されている。

現在は米国の総人口に占める比率が6%程度だが、それでもIT(情報技術)産業などで活躍が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り289文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン