/

この記事は会員限定です

能登牛の出荷1000頭超え 口どけ良く、提供店も拡大

ウエーブ石川

[有料会員限定]

石川県のブランド牛「能登牛(のとうし)」の官民を挙げた増産が加速している。県内では新たな牛舎が相次ぎ稼働し、2018年度の出荷頭数は1000頭を超えた。料理を提供する店舗も増え生産・流通両面で厚みを増す。北陸新幹線の効果で県産品の注目度が高まった好機を生かし、ブランド力を高めることで交流人口拡大と畜産振興につなげる。

石川県能登町の山間部にある広大な牧場の一角に、稼働を始めたばかりの新しい牛舎があ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1329文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン