栃木・那須で送迎サービス Azitが実証実験

2019/6/14 20:25
保存
共有
印刷
その他

栃木県那須エリアの交通網充実を目指す那須高原次世代交通協議会は、配車サービスのAzit(アジット、東京・港)と組み、観光客向け送迎サービスの実証実験を行う。JR那須塩原駅から那須エリアまでは車で30分ほどかかるが、タクシーは高額でバスの本数も少ない。観光客がスムーズに移動できるよう、2次交通の充実を図る。

アジットの配車サービス「CREW(クルー)」は、登録した自家用車の運転者と乗客をアプリでマッチングするサービス。利用者はガソリン代などの実費やアジットへの手数料と1万円を上限に任意で謝礼を支払う。

実証実験は7月から10月までの3カ月間、午前7時から午後7時まで実施する。JR那須塩原駅と道の駅「那須高原友愛の森」を出発点に、利用者の希望に応じて周辺の旅館やホテル、レジャー施設まで送り届ける。

協議会とアジットは14日、実証実験に向けた合意書に調印した。那須エリアは観光関係者の多くが自家用車で通勤している。クルーの運転者はこうした観光関係者を中心に募る。会見した協議会の片岡孝夫会長は「繁忙期に重なるが、スマホに慣れた若い世代がどう反応するか、3カ月後の結果を楽しみにしている」と述べた。

那須町と那須塩原市にまたがる那須エリアは温泉やレジャー施設などが点在し、年間500万人の観光客が訪れる。旅館組合などは交通アクセス向上に努めてきたが、若者の車離れや高齢者の免許返納が進む。観光サービス充実へ実証実験に取り組むことにした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]