/

山形の遊園地・リナワールド、企業とのコラボで集客

遊園地のリナワールド(山形県上山市)は15日、開業50周年を迎える。入園料を無料とし、企業や地元大学とのコラボイベントなどを開催する。今後も協賛企業を募ってサンプルの配布や関連イベントを開くなど、多額の投資が必要なアトラクション整備とは違う形で集客につなげる。

50周年を迎えたリナワールド(山形県上山市)

当日は「周年企業コラボレーション」として、菓子メーカーやおきん(東京・墨田)とスナック菓子「うまい棒」40周年を記念した連携企画コーナーを設ける。

東洋水産のインスタントラーメン「クッタ」の顔出しパネルなども設ける。

前身の山交ランドは1969年にオープンし、90年に現名称でリニューアルした。ピーク時45万人の来場者は近年15万~16万人に落ち込んでいるが、県内唯一の大型遊園地で家族連れが集まる。企業と組むことで製品のPRにつなげてもらう一方、園内の盛り上げにつなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン