/

この記事は会員限定です

原発、テロ対策重く 川内原発が初の停止へ

残る再稼働6基に波及も

[有料会員限定]

原子力発電所のテロ対策工事が稼働継続の大きな問題になりつつある。九州電力の川内原子力発電所1号機(鹿児島県薩摩川内市)は来年3月、テロ対策の遅れが原因で全国初の稼働停止となる見通しだ。関西電力四国電力も期限に間に合わない見通しを示しており、再稼働した残る原発6基が相次ぎ停止を迫られる可能性もある。

原子力規制委員会は4月、テロ対策施設「特定重大事故等対処施設(特重)」の完成が期限に間に合わない原発に停止命令を出す方針を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン