/

イオングループでカード不正利用、2200万円被害

イオン銀行とイオンクレジットサービスは会員向けインターネットサービスで不正アクセスがあり、2200万円が不正利用されたと明らかにした。1917人の氏名や利用明細などが流出した可能性もある。両社はパスワードを変更するよう呼びかけている。

不正アクセスを受けたのはサイトの「暮らしのマネーサイト」とスマートフォンアプリの「イオンウォレット」。5月28日から6月3日に外部から取得したとみられるID、パスワードを使って不正アクセスを受けた。

一部のカード会員はスマホ用決済アプリを使われ、不正利用の被害を受けた。カード番号は流出していないという。

カード会員の氏名や利用額、イオン銀行の預金残高なども流出した可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン