VR利用を模索する電通 動画に代わる広告になるか

2019/8/1 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電通が、仮想現実(VR)を利用した広告ビジネスやコンテンツビジネスの拡大に積極的に取り組み始めた。2019年5月23~6月3日には、VR開発会社の米サビオスと協力し、東京ミッドタウン日比谷にVR施設を限定オープン。利用者の反応から活用法を模索した。

米サビオスは、主にハイエンド向けのVRコンテンツを開発してきた企業だ。2017年の「VRゲームオブザイヤー」を受賞したVRゲーム『ローデータ』や、映…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]