2019年7月18日(木)

公共施設の将来経費、試算簡単に、港区がソフト開発

東京
2019/6/14 18:32
保存
共有
印刷
その他

東京都港区は、学校や福祉施設など公共施設でいつ改修工事が必要か、どのくらい経費がかかるか、などの目安を簡単に試算するソフトを開発した。延べ床面積や階数など基本的な項目を入力するだけで試算できる。今後の修繕計画の策定に役立てる。港区だけでなく、全国の市町村などにも配布する。

表計算ソフト「エクセル」を改良した。用途やエレベータの台数など9項目を入力するだけで、今後80年間で必要な経費の目安を自動的に算出できる。維持管理や大規模修繕など、項目ごとに色分けされたグラフで分かりやすく表示する。

新築工事の場合、竣工までの期間に経費が集中する。そこで、地方債を起債した場合にどのようにならすことができるかシミュレーションできるようにした。

個別の施設のみならず、区内すべての公共施設を合算し、区全体の総合的な計画を立てる際にも参考にできるという。港区の武井雅昭区長は「計画的な基金の活用や起債計画が可能になり、その他の行政サービスに影響を与えないように(施設を)整備できるようになる」と語った。

ソフトは区職員が自前で作成した。他の自治体に配布する際は、工事費など地域特性を踏まえてプログラムを変更する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。