2019年7月23日(火)

東京ガス、ロボットで子育て支援 留守番時に見守り

エレクトロニクス
環境エネ・素材
サービス・食品
2019/6/14 17:29
保存
共有
印刷
その他

東京ガスはロボット開発のユカイ工学(東京・新宿)と共同で、ロボットを使った子育て支援サービスを始めた。親が留守にしがちな家庭にロボットを提供し、子どもの世話をする。ロボットは絵本の読み聞かせなどが可能。子どもが1人でも活発にコミュニケーションを取れる環境を整えていくことが狙い。

サービス名は「まかせて!BOCCO」。サービスに加入するにはユカイ工学が開発した卓上型ロボット「BOCCO(ボッコ)」を購入し、サービスの利用料として年間税別5760円払う。サービスの新規加入時にロボットを購入すると通常より約4割安い税別1万7400円で買える。

ターゲットは小学生低学年以下の子どもがいる共働き世帯。子どもが1人で留守番することを想定した「見守り」機能を充実させた。

子育て家庭の「留守番の不安」や「子どもの生活リズムの乱れ」を解消できるサービスをそろえた。時間に応じて「おはよう!朝ご飯はこれからかな?」や「こんばんは。もう歯磨きしたかな?」など、ボッコが子どもに話しかけるように設定できる。季節や雑学の話題もある。

ボッコの胸元にあるボタンを押すと、耳で聴く本「オーディオブック」の読み聞かせもする。「アラジンと魔法のランプ」や「はだかの王様」など10種類以上の童話を収録。コンテンツを1カ月に1度更新する。東京ガスが出資するオトバンク(東京・文京)がコンテンツを制作した。

ボッコはセンサーとスマートフォンを連動できる通信機能付き。付属の振動センサーをドアなどにつけておけば、開閉時の振動を感知してボッコが自動的に起動する。振動を感知した際にスマホにメッセージが送られる。

ボッコを人感センサーや部屋センサーと連動させれば、子どもの見守り体制をさらに強化できる。サービスは公式ウェブサイト上で申し込める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。