2019年7月16日(火)

木材一貫生産の大林産業、集成材参入を検討
going)中四国の企業・事業所

環境エネ・素材
住建・不動産
中国・四国
2019/6/17 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

12世紀に奈良の東大寺が焼失した際、再建のための木材を周防国徳地、現在の山口市徳地から供給した。そこに本社を構える大林産業は、山口県産材を中心に素材生産(伐採して丸太に加工)から製材(板や角材に加工)、さらにプレカット(現場で簡単に組み上がるように接合部などを工場で加工)までを行う木材の一貫メーカーだ。

山口県は木材産地としての知名度は低いが、産地としての歴史は古く、品質についても大林産業の大林…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。