/

この記事は会員限定です

「ミニ肝臓」「ミニ腎臓」体内で機能 横浜市大や京大

マウスで確認 本格移植へなお課題

[有料会員限定]

細胞から人工的に高機能な臓器を作る成果が相次いでいる。横浜市立大学は「ミニ肝臓」を作りマウスの体内で働くことを確認、秋にも人に移植する臨床研究を申請する。京都大学は、難しいとされてきた「ミニ腎臓」をマウスの体内で機能させることに成功した。大きな前進だが、本格的な移植用臓器として使う道筋はまだ見えていない。成果を生かし、具体的な医療応用につなげる方法の模索も必要だ。

細胞を立体的に培養して作るミニ臓...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1000文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン