2019年7月21日(日)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,972,394億円
  • 東証2部 70,364億円
  • ジャスダック 88,370億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率13.98倍13.54倍
株式益回り7.15%7.38%
配当利回り2.06% 2.07%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,466.99 +420.75
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,380 +370

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

7月19日(金)14:20

大日本住友が豪iPS企業に買収提案 約200億円[映像あり]

メルカリ 業績観測報道「戦略的事業へ投資で費用増」

7月19日(金)13:00

[PR]

マーケットニュース

フォローする

ゲーム株に利益確定売り 大型見本市、存在感示せず

2019/6/14 20:30
保存
共有
印刷
その他

ゲーム株が売り圧力に押されている。11~13日に開催された米国の大型ゲーム見本市「E3」では任天堂の注目タイトル発表があったものの日本勢の存在感はやや低下。成長期待を高めるには至らなかった。

E3開幕前日の10日終値を起点とすると任天堂が5%、スクウェア・エニックス・ホールディングスは7%も安い水準にある。同期間の日経平均株価はほぼ横ばいだった。

任天堂はE3で人気シリーズ「ゼルダの伝説」や「どうぶつの森」の新作について発表する一方、期待されていたゲーム機「ニンテンドースイッチ」の新モデルについては言及がなかった。スクエニHDは人気作のリメーク作品などの発表が中心だった。ソニーは出展を見合わせた。

任天堂は中国市場開拓に向けた騰訊控股(テンセント)との協業で4月に株価が急伸。スクエニHDも位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」の発表を手掛かりに6月初旬に株価が上昇していた。E3の発表内容が想定の範囲内にとどまったことで「いったん利益を確定する狙いの売りが出やすかった」(証券ジャパンの大谷正之調査情報部長)。

日本勢の代わりに話題をさらったのは米グーグルや米ネットフリックスなど異業種からの参入だった。競争が激しくなるとの見方もゲーム株を手掛けにくい一因となった可能性がある。

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。