/

この記事は会員限定です

産業ガスメジャーに向かうマネー、大陽日酸は上場来高値

証券部 松本桃香

[有料会員限定]

世界の産業ガスメジャーに投資マネーが向かっている。産業ガスは鉄鋼や半導体、化学などの生産ラインで使われる酸素や窒素、アルゴンなどのガスの総称で、世界最大手の独リンデや2位の仏エア・リキードなどが手掛ける。これらメジャー各社の株価が動意付いている。

リンデの株価は13日時点で昨年末比30%上昇し、年初来高値を更新した。エア・リキードも高値圏だ。世界3位の米エアプロダクツも昨年末比4割高と、上昇基調が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン