/

この記事は会員限定です

考古学に光 分析や計測の先端技術、歴史の謎解明へ

[有料会員限定]

屋外の発掘現場で根気強く遺物を探し、古文書と首っ引きで調べる――。そんな印象の強い考古学の分野で最新の技術を駆使した変革が起き始めている。たんぱく質の成分を調べて絹の起源を突き止めたり、高精細な画像処理でピラミッドの立体像を合成するなどの事例が出てきた。客観的なデータに基づく研究につながると歓迎されている。

奈良女子大学の中沢隆教授は古い骨や遺跡に残る動物のたんぱく質を解析する専門家だ。実験室には...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1630文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン