日銀の国債購入額が減少 異次元緩和初の30兆円割れ

2019/6/14 21:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀による国債買い入れ額が減少している。5月末の国債保有残高は468兆9352億円で、1年前と比べた増加額は29兆387億円となった。30兆円を割り込んだのは異次元緩和を始めた2013年4月以来だ。長期金利が低位で安定してきたことが背景だが、金融緩和に積極的な日銀内のリフレ派幹部からは「量的緩和の効果が不透明になっている」との声が出ている。

国債保有残高の前年同月比での増加額はピークだった15年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]