2019年7月17日(水)

7/17 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「シックスパッド」のMTG、追い込まれたユニコーン[有料会員限定]
  2. 2位: リクルート株、1.6兆円分が売られる日[有料会員限定]
  3. 3位: ビットポイント社長「被害は5万人」 仮想通貨流出[有料会員限定]
  4. 4位: 多角化企業に改革迫る 市場、日立などの分離を評価[有料会員限定]
  5. 5位: 米企業収益、減速一段と 3年ぶり2四半期減益へ[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,990,866億円
  • 東証2部 70,916億円
  • ジャスダック 88,288億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率14.02倍13.58倍
株式益回り7.12%7.36%
配当利回り2.04% 2.05%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,535.25 -150.65
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,500 -130

[PR]

スクランブル

フォローする

消える知日派ファンド 先物決済日も閑散、関心低下
証券部 松本裕子

2019/6/14 16:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

閑散相場が続いている。株価指数先物とオプション取引を同時に決済する14日は商いが膨らみやすい日だが、東証1部の売買代金は2兆円ちょうどにとどまった。米中貿易摩擦の先行きが読めないなか、積極的な売買を手控える投資家が多いだけでなく、今回の閑散相場では無視できない深刻な変化が起きている。日本株運用にたけた「知日派」のファンドが少しずつ姿を消し始めている。

「欧州にある日本株専門ファンドの閉鎖や縮小が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。