/

この記事は会員限定です

消える知日派ファンド 先物決済日も閑散、関心低下

証券部 松本裕子

[有料会員限定]

閑散相場が続いている。株価指数先物とオプション取引を同時に決済する14日は商いが膨らみやすい日だが、東証1部の売買代金は2兆円ちょうどにとどまった。米中貿易摩擦の先行きが読めないなか、積極的な売買を手控える投資家が多いだけでなく、今回の閑散相場では無視できない深刻な変化が起きている。日本株運用にたけた「知日派」のファンドが少しずつ姿を消し始めている。

「欧州にある日本株専門ファンドの閉鎖や縮小が相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン