/

この記事は会員限定です

コンビニ契約どう見直す「優越的地位の乱用」の論点

24時間営業、値引き制限、海外では特別法も…

[有料会員限定]

「便利な生活」を実現してきたコンビニエンスストアの事業モデルが社会情勢の変化に伴う問題に突きあたっている。人手不足や24時間営業の維持、増大する食品などの廃棄損を巡り、本部と加盟店の利害が一致しにくくなってきた。24時間営業問題については、独占禁止法の「優越的地位の乱用」の適用を議論する声も広がる。問題の根源にあるフランチャイズチェーン(FC)を巡るルールをどうとらえ直すべきか。論点を専門家に聞い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2771文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン