/

この記事は会員限定です

気候対策、原子力や核融合で マッシモ・ガリーバ氏

欧州委員会原子力・安全・ITER局長

[有料会員限定]

欧州連合(EU)はパリ協定に基づく脱炭素化を着実に進める。エネルギー政策の中身も気候問題に左右される。欧州委員会が昨年まとめた温暖化対策の長期戦略案は、2050年に温暖化ガス排出を実質ゼロにする目標を掲げた。最終エネルギー需要に占める電力の割合は現状の2倍以上に増える。再生可能エネルギーが供給電力の80%以上を担うが、原子力発電も15%を占める。原発の発電容量は今とほぼ同水準を維持する。

EU域...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン