祇園祭「異国美」への心 芸術文明史家 鶴岡真弓

エッセー
2019/7/9 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都では八坂神社の祭礼「祇園祭」が始まった。後祭(あとまつり)も復活。夏の無病息災を祈り、7月いっぱいまで続く。

巡行の主役、山鉾(やまほこ)を飾る懸装品を間近にじっくり鑑賞できるのは、巡行の3日前からの宵々々山、宵々山、宵山。幻想的な装飾が都大路と、小路の闇に浮かび上がる。

立命館に勤めた10年間、デザイン史や日本史の大学院生達と、カメラ、画帳、巻き尺を手に山鉾の装飾を調査し、学んだ。

逆説的…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]