沈没の可能性なし タンカー攻撃、船員が飛来物目撃

2019/6/14 15:00
保存
共有
印刷
その他

中東ホルムズ海峡近くでタンカー2隻が攻撃された事件で、うち1隻を運航する海運会社の国華産業(東京・千代田)は14日、被害を受けたタンカーについて「沈没の可能性はなく、貨物や燃料の損失はない」と発表した。一時避難した船員全員がタンカーに戻って予備電源を復旧し、アラブ首長国連邦(UAE)に向けてえい航中という。

同社によると、当時、タンカーはパナマ国旗を掲揚して運航していた。2回にわたり何者かから攻撃を受け、2回目は複数の船員が飛来物を目撃したという。魚雷や機雷による攻撃の可能性は否定した。

船員1人が軽いケガを負ったが、米軍による応急処置を受け、快方に向かっているという。

同社の堅田豊社長は「船員の同意を得られれば、今後も運航を続けたい」と述べ、ペルシャ湾周辺での航行を継続する意向を示した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]