[FT]独政府、「逆風」で成長鈍化の兆し認める

FT
2019/6/14 15:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ドイツ政府は向こう数カ月間、同国経済に対する逆風が続くとの見通しを示した。世界的な貿易摩擦で輸出産業が打撃を受け、労働市場に成長鈍化の兆しが見え始めているためだ。

ドイツ経済は堅調な個人消費などに支えられ、2019年1~3月には国内総生産(GDP)が0.4%増加した。しかし、独経済省は声明で、4~6月期は「引き続きさえない」と見通している。

米国が多面的に展開する貿易戦争に伴い、実体経済に弊害が…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]