/

この記事は会員限定です

[FT]ECB、総裁発言に無反応な市場にいら立ち

[有料会員限定]
Financial Times

欧州中央銀行(ECB)のマリオ・ドラギ総裁は(欧州債務危機時の)7年前、通貨ユーロを窮地から救うために「できることは何でもやる」と発言し、市場を言葉だけで説得することに成功した。しかし8年の任期を終えようとしている今のドラギ氏の言葉は、はったりにすぎないと投資家はにらんでいる。

ドラギ氏は6日、世界経済や政治情勢の先行き不透明感が経済成長や物価上昇の足かせになる状況が今後も続く場合、総裁任期を終え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2377文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン