/

RPA導入効果高い業務、UiPathが選定支援サービス

日経クロステック

定型業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツールを手掛ける米UiPath(ユーアイパス)の日本法人(東京・千代田)は13日、RPA導入効果の高い業務を選定しやすくする「RPAスカウトサービス」の提供を始めたと発表した。独SAPの統合基幹業務システム(ERP)パッケージを採用した業務システムを対象に分析する。

具体的には企業の業務システムのログデータに着目。UiPathがログデータを基に業務プロセスを可視化したうえで、どんなパソコン作業にどれくらいの時間がかかっているかなどをレポートにまとめる。分析には独セロニスのプロセスマイニング技術を活用する。

UiPath日本法人の末廣満クライアントソリューション本部ビジネスコンサルティングチームコンサルタントは「RPAの導入を目指す企業の担当者はどんな業務に適用すれば高い効果が得られるかが分からないことに悩んでいる。新サービスでRPAの適用領域を効率的に見極められる」と説明する。サービス料金は税別で150万円程度から。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 西村崇)

[日経 xTECH 2019年6月13日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン