/

この記事は会員限定です

地方議会は住民の関心高める改革を 有識者座談会

投票率過去最低

[有料会員限定]
 4月の統一地方選の結果をどう考えるか。北川正恭・早稲田大学名誉教授、小林良彰・慶応義塾大学教授、今回6期目の当選を果たした岩永久佳・東京都多摩市議会議員の3氏に語り合ってもらった。    (司会は日経グローカル編集長 磯道真)

司会結果の総括を。

小林 連立与党の自民と公明が堅調だった。道府県議選で自公の議席率は58.2%と前回比0.3ポイント増えた。政令市も自公で49.1%と2.7ポイント増。そ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3338文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

統一地方選2019

4年に一度の統一地方選が行われる。今年は統一地方選と夏の参院選が12年に一度重なる「亥(い)年選挙」。与野党対決となる北海道知事選などがあり、夏の参院選と合わせて結果が注目される。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン