/

この記事は会員限定です

モロッコ産業相、自動車生産「21年に100万台めざす」

[有料会員限定]

モロッコのハフィド・アラミ産業・投資・貿易・デジタル経済相は、同国の自動車生産能力について「現在の70万台を2021年には100万台に増やしたい」と述べ、日本企業の進出に期待を示した。工場を持つ仏ルノーなどの増産で自動車部品産業の裾野が広がっており「部品の国内調達率を60%から21年に85%に高める」と語った。

都内で日本経済新聞の取材に答えた。貿易摩擦の影響を巡っては、自動車産業が集まるメキシコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り483文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン