2019年8月26日(月)

米輸入物価、5月は0.3%低下 5カ月ぶりマイナス

2019/6/14 1:50
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が13日発表した5月の輸入物価指数は前月から0.3%低下した。5カ月ぶりの低下で、低下幅はダウ・ジョーンズまとめの市場予測と一致した。前年同月比では1.5%低下し、物価上昇圧力が弱まっていることを示した。

米輸入物価は5月、幅広い品目で値下がりした(米ワシントン州の港)=AP

石油が5カ月ぶりに値下がりしたことなどから、燃料価格が前月比1.0%低下した。また幅広い品目で値下がりし、非燃料価格も0.3%低下した。

米物価は足元で鈍化の兆しがみられる。5月の卸売物価と消費者物価も前月比、前年同月比ともに伸び率が縮小した。米連邦準備理事会(FRB)は物価上昇の弱さに懸念を持っており、18日~19日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)で物価見通しを討議する。

同時に発表された輸出物価指数は前月比0.2%低下した。農産物が1.0%低下したほか、農産物以外も0.2%低下した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。