突然攻撃で出火、タンカー船員脱出 ホルムズ海峡付近

2019/6/13 23:55
保存
共有
印刷
その他

中東のホルムズ海峡付近を航行していた日本のタンカーが13日、何者かに攻撃された。船のエンジンルームから火が上がり、度重なる攻撃を受ける緊迫の事態に、身の危険を感じた船員らは救命艇で次々と脱出した。「なぜ狙われたのか」。運航会社の社員らは海路の安全を脅かす行為に怒りの声を上げた。

【関連記事】ホルムズ海峡でタンカー2隻攻撃、原油価格急騰

タンカーを運航する海運会社「国華産業」の堅田豊社長は13日夕、…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]