/

この記事は会員限定です

宗教・民族に共生の配当 繁栄への渇望、対立溶かす

アジアが超える 多様性を生かす(3)

[有料会員限定]

フィリピンで半世紀続いた紛争が終結した。2月、ドゥテルテ大統領が「暴力も憎み合いも終わりだ」と呼び掛けた相手は、南部ミンダナオ島で抗戦してきた武装組織のムラド・エブラヒム議長(71)。反政府の闘士は笑顔で応じ、2人は固い握手を交わした。

フィリピン人の9割はキリスト教徒だが、同島はイスラム系の住民が多く、武装組織が独立を求めて国軍と戦った。その指導者のムラド氏を和平へと突き動かしたのは繁栄への渇望...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン