サッカー

なでしこ、14日夜スコットランド戦 欲しい勝ち点3

2019/6/13 22:18
保存
共有
印刷
その他

【レンヌ(フランス)=本池英人】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会に出場している日本代表(なでしこジャパン)は、14日午後3時(日本時間午後10時)から1次リーグD組第2戦のスコットランド戦に臨む。初戦のアルゼンチン戦で引き分けた日本にとって、1次リーグ突破のために是が非でも初勝利を挙げて勝ち点3を取りたい正念場だ。

スコットランド戦を控え最終調整する岩渕=右(13日、レンヌ)=共同

スコットランド戦を控え最終調整する岩渕=右(13日、レンヌ)=共同

白星を計算していた初戦ではボールを支配しながら淡泊で単調な攻撃に終始し、最後までゴールを奪えなかった。ただ、高倉監督は「次は全然違う試合になる。あまりアルゼンチン戦の課題ばかり引きずっていてもいけない」と、頭の切り替えを強調する。

初戦で強豪イングランドに1-2で競り負けたスコットランドだが、前半は圧倒されながら盛り返す粘りを見せた。特に速さと強引さを前面に出して突進するサイド攻撃には力がある。戦術も力量も、ベタ引きで守備を固めてきたアルゼンチンとは大きく異なる相手なのは間違いない。

短いパスをつないで裏のスペースを狙う日本にとって攻めやすい面もありそうだが、一方でフィジカル勝負に押されて守勢に回ると苦しい。右SB清水(日テレ)は「突破を許さないことと、クロスが上がってきたら自分のマークする相手にやられないこと」を肝に銘じつつ、「リスク管理をしながらもっと積極的に攻撃に関わりたい」。攻守のバランスに神経を研ぎ澄ます必要がある。

不安材料もある。ケガから復帰見込みのFW小林(同)と入れ替わるように、初戦で左足首を痛めたMF長谷川(同)は全体練習に合流できず出場が危ぶまれる。それでも「とにかく点を取らないと勝てない。失敗してもいいからもっとシュートを打つとか、貪欲にいかなければ」とFW岩渕(INAC神戸)。初戦のような無難なプレーばかりではゴールも勝ち点も手に入らないだろう。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

中国戦を前に、記者会見する男子代表の森保監督(9日、釜山)=共同

 【釜山=共同】サッカーの東アジアE―1選手権は10日に韓国・釜山で開幕し、男子の日本代表は初戦で中国代表と対戦する。9日には参加チームの監督が記者会見に臨み、3大会ぶりの優勝を狙う日本の森保監督は「 …続き (9日 19:50)

ボルドー戦で競り合うマルセイユの酒井=右(8日、マルセイユ)=共同

 【マルセイユ(フランス)=共同】サッカーの海外各リーグは8日、各地で行われ、フランス1部でマルセイユの酒井宏樹はボルドー戦にフル出場した。チームは3―1で逆転勝ちして6連勝。イタリア1部(セリエA) …続き (9日 16:22)

引退記者会見で、現役生活を振り返るサッカー元日本代表、J3長野の明神智和(9日、長野市)=共同

 サッカー元日本代表で2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会に出場したJ3長野のMF明神智和(41)が9日、長野市で引退会見を開き、17年前の大舞台を「自分の国でワールドカップがあり、代表のユニホー …続き (9日 16:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]