/

この記事は会員限定です

最も宗教の多様性に富む 少数派への抑圧消えず

アジアが超える データ編

[有料会員限定]

アジアは最も宗教の多様性に富む地域といえる。米調査機関ピュー・リサーチ・センターのまとめでは、アジア太平洋地域の人口に占める信者の数はヒンズー教が25%、イスラム教が24%、仏教が12%、キリスト教が7%となっている。主要な宗教の信者が一定割合ずついる。

他の地域をみると欧州と北米、中南米はキリスト教徒がそれぞれ7~9割を占め、中東・北アフリカはイスラム教が93%に達する。多数派の宗教が明確だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン