/

元院長「アクセル踏み間違えた可能性」 池袋暴走

東京都豊島区東池袋で乗用車が暴走し12人が死傷した事故で、旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(88)が警視庁の事情聴取に「アクセルとブレーキを踏み間違えた可能性もある」と供述したことが13日、捜査関係者への取材で分かった。元院長はこれまで車両に不具合があったとして、運転ミスを否定していた。

警視庁は飯塚元院長について今後、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で書類送検する方針。運転操作の状況をさらに詳しく調べる。

捜査関係者によると、13日の事故現場での実況見分後、元院長を事情聴取した。元院長は現場手前のカーブで車が縁石に接触した当時の状況について「接触事故を起こしパニック状態になった」と説明。ブレーキとアクセルを踏み間違え、暴走に至った可能性を初めて認めたという。

元院長はこれまでの事情聴取に対し「アクセルが戻らなかった。ブレーキがきかなかった」と車両の不具合を主張。警視庁が自動車メーカーなどの立ち会いの下、事故時の車や同型車を使って機能検査を実施したところ、アクセルやブレーキに異常はみられなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン