/

この記事は会員限定です

民泊、相次ぐ消防法違反 適合証明義務なく

[有料会員限定]

民泊でスプリンクラー未設置などの「重大な消防法令違反」が相次いで見つかっている。住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づく届け出が全国1位の大阪市では、消防局の立ち入り検査で12棟81施設で違反が発覚した。昨年6月の同法施行で民泊は自治体への届け出が義務づけられたが、消防法令に適合すると示す「通知書」の提出が必須ではないことが背景にある。(奥山美希)

昨年7月末、民泊新法に基づく届け出があった大阪市内のマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン